Now Playing Tracks

たとえば現代日本の一般人は、太陽王ルイ14世よりも豊かな生活を送っている。たしかに宮廷料理人は雇っていないが、数時間ぶんの収入と同じ金額で、ルイ14世よりも豪華な食事を楽しめる。トイレは水洗で、疫病の恐怖もごくわずかだ。なぜか? 社会全体がルイ14世の時代よりも豊かになったからだ。社会全体の富の総量は増え続けるのだ。

しかし、それを日常レベルで実感するのは難しい。私たちの生活がルイ14世の時代よりも豊かになったからといって、明日の私の生活が豊かになるとは限らない。かくして「限定された富のイメージ」は私たちの心に深く刻み込まれたまま、いつまでも残り続ける。

「限定された富のイメージ」が蔓延する社会では、儲けている誰かを攻撃することが合理的な選択になる。もしも社会全体の富の総量が変わらないとすれば、「自分が貧しいのは他の誰かが儲けているからだ」「他の誰かに奪われているからだ」と考えざるをえなくなる。自分が豊かになるためには、すでに豊かな誰かを引きずり下ろすしかなくなる。

繰り返しになるが、「限定された富のイメージ」は錯覚だ。やや不道徳な方法でハシタ金を稼いだ人間を吊し上げても、あなたは豊かにならない。世の中も豊かにならない。誰も得をしない。

社畜の異常な愛情/または日本人は如何にしてラクするのを止めて労働を愛するようになったか - デマこいてんじゃねえ! (via katoyuu)
年を取るごとに壁を作るのが上手くなって、確保した安全な場所でどんどん馬鹿になっていく。自分が馬鹿であることをすっかり忘れたとき、そこに怪物が出来上がる。

Twitter / 有理化

くろーず まいんど

もんすたー

(via firedfly) (via sett4) (via iyoda) (via pinto) (via ak47) (via fukumatsu) (via yaruo) (via gkojax) (via rosarosa, nezzz) 2010-02-03 (via yasaiitame) (via mcsgsym) (via dannnao) (via nemoi) (via oosawatechnica) (via okusare) (via kiriy) (via vhodnk)

(via veriamicirari) (via sukekyo)

(via hutaba) (via hughughug) (via konishiroku) (via twinleaves) (via nobby0-0)

(via poizunesu) (via poochin) (via mmmmmmmmmy)

(via -barrier-) (via exposition) (via t—-n—-t—-u—-m—-b—-l—-r) (via hire29)
To Tumblr, Love Pixel Union